更年期−更年期障害を解明する!

40〜50代を襲う!更年期障害!!多くの女性が抱えている不規則な月経周期、さまざまな心身の不調……。忙しい現代女性を襲う「更年期障害」とは?

更年期障害とは・・・?

更年期障害


女性の身体は

閉経が近くなると、まず卵巣の機能の低下により、生理が定期的に来なくなります。
そのため排卵に必要なホルモンである女性ホルモン(エストロゲン)の分泌も減少します。
ところが、脳はこの卵巣の機能の低下に関わらず
女性ホルモン(エストロゲン)を分泌しようとします。

女性ホルモン(エストロゲン)はもう出ないのに、刺激するホルモンだけは大量に出るようになるのです。

このようなホルモンバランスの乱れにより、ほてりや発汗、めまいやイライラ、不眠などを起こし
いわゆる「更年期障害」と呼ばれる状態になるのです。

ホルモンの量の変化に身体が慣れるまでの間に
様々な不快な症状が出るのです。

更年期は個人差がありますが40代後半から始まる人が多いようです。

更年期障害の様々な症状


  プロフィール  PR:無料HP  横手自動車学校  アニメ 専門学校  H&R  スタッドレスタイヤ クチコミ  タイヤ ポルテ 格安  美容 学校  Valvoline  水晶アクセの専門ショップ  心理学 大学  TMJ投資顧問 詐欺  中古パーツ 大阪  名簿業者